フィラリア薬の投薬期間と時期

勘違いしている人のために説明しておきます。

 

フィラリアのお薬は蚊に刺されなくなる薬ではありません!

 

蚊にさされて体内に入ったフィラリアの幼虫を駆除する薬なのです!

 

意外と知らない人が多いので今一度しっかり理解しておきましょう^^

 

なので蚊が発生し始めたら、まずはフィラリア検査に行ってから予防薬を与えます。

 

 

そして蚊が見かけなくなったら最後の投薬で締めくくります。

 

蚊の発生時期は早くて4月から現れ始め、11月近くまでいるんです。

 

「そんなに長い期間いるの?」

 

って思うかもしれませんが、あまり見かけないだけで実はいるんですよね。

 

なので、1ヵ月遅れでフィラリア薬は与えていきます。

 

フィラリア予防薬の投与期間は5月から12月まで与えるのが一般的です。

 

フィラリア症は死の危険がある恐ろしい病気です。

 

毎月1回の投薬でほぼ100%予防できるのでしっかり予防していきましょう!

 

>>フィラリア薬を飲み忘れた場合